代謝酵素

代謝酵素を増やす

代謝酵素を増やす

酵素として、皆さんに最も馴染み深いものに「消化酵素」があります。
消化酵素には、主に2つの働きを持つものがあります。

 

タンパク質を分解する

 

  ペプシン
  トリプシン
  アミノペプチターゼ

 

糖質を分解する

 

  アミラーゼ
  マルターゼ
  ラクターゼ
  スクラーゼ

 

などが知られています。

 

このほかにも「代謝酵素」と呼ばれる酵素があり、エネルギーを生産したり、
タンパク質やホルモンを合成して、体を作るために働いたり、解毒や抗酸化
作用を持ったりと、体を守る働きも持っています。

 

 

通常人間の体は、「消化酵素」を優先して作り出そうとしていますが、ファス
ティングによって外から消化酵素を多めに摂ることによって、代謝酵素の方を
多く作り出すようになります。
そのため、体の代謝がアップし、少ない運動量でも痩せやすい体質に近づく
事が出来るのです。

 

また、酵素には酵母菌がタップリ含まれており、これを腸内の善玉菌が食べる
ことによって、腸内フローラを整え、便秘を予防できるのです。

 

 

トップページへ

リンク集

ホーム RSS購読 サイトマップ