インフルエンザ 対策

インフルエンザの特徴と対策

インフルエンザ対策

 

毎年、新年を迎えるころに全国各地でインフルエンザが「警戒レベル」に達します。
警戒レベルとは、1つの医療機関が、1日に平均30人以上の患者さんを診察した
時に、その自治体によって発令されます。

 

とは言っても、流行のスタートはさらに早く、場所によっては9月にインフルエンザによる
学級閉鎖も発生しています。
また、高齢者施設や幼稚園・保育園など、体力的に弱い人が集まる場所で発生
すると、爆発的に患者さんが増え、さらに重症化する恐れがあります。

 

風邪はコロナウイルスやアデノウイルスなど、様々な種類のウイルスが原因となりますが、
インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症で、悪寒、関節痛、高熱などの
症状が風邪に比べて、前触れもなく突然の症状が重く表れます。

 

 

インフルエンザウイルスの分類

 

インフルエンザウイルスは大きく3つに分類されています。

 

A型

 

最も一般的な種類で、人だけでなく、鳥、豚、馬などにも感染するため、
「鳥インフルエンザ」もこの型に属します。
現在144種類が確認されていますが、人に感染するのはその中の一部
です。

 

・感染する生物:人、鳥、豚、馬 など
・種     類:144種類
・時     期:主に12月〜1月
・主 な 症 状:38度を超える高熱、全身の症状
・解熱までの時間:1日程度

 

 

B型

 

感染力が強く、人にだけ感染する型です。
高熱にはなりにくく、免疫がある人が多いため、強い感染力の割に大流行
することはありません。
そのため、感染者が症状を自覚しにくく、体内にウイルスが残留する時間が
長いため、周囲の人を感染させる可能性が高くなります。

 

・感染する生物:人
・種     類:2種類
・時     期:主に2月〜3月
・主 な 症 状:主に消化器系の症状
・解熱までの時間:1.5日〜2日程度

 

 

C型

 

B型と同じく、人にだけ感染するインフルエンザです。
最大の特徴は、通年型ということですが、感染力が弱いため、免疫力が
弱い5歳以下の子供に多く発症し、大人の場合は通常の風邪程度の
症状で済むことがほとんどです。
免疫はほぼ一生持続するため、2度発症することはありません。

 

・感染する生物:人
・種     類:1種類
・時     期:1年中
・主 な 症 状:風邪程度、主に鼻水、鼻づまり
・免 疫 の 持 続:ほぼ一生

 

 

インフルエンザウイルスの寿命

 

インフルエンザウイルスの寿命は、看病や症状の快方に向けて気になる点です。
高熱が3日ほど続き、その後1週間から10日ほど症状が続くのですが、ウイルス
自体の寿命は不思議な結果がありました。
感染状況によって異なるというのです。

 

 ・飛沫感染・・・・・6〜15時間
 ・空気感染・・・・・6〜15時間
 ・接触感染・・・・・8〜48時間

 

また、付着した場所によっても生存時間が異なります。

 

 ・衣類など・・・・・・2〜8時間
 ・硝子など・・・・・・約48時間

 

同じ型のウイルスでも、接触による感染だと2日間も生きていることがあるんですね?
やはり、「危ない」と思ったら、速やかな手洗い・うがい・消毒が必要です。

 

 

インフルエンザ感染への対策

 

インフルエンザへの対策は、次の2つに分類されます。
2つを上手く組み合わせれば、感染・発症の可能性を抑えることが
できます。

 

 

ウイルスに対抗する

 

外手洗い、うがい

 

 屋外には、インフルエンザだけではなく、様々な有害細菌、ウイルスが
 漂っています。
 外から室内に入ったら、まず手洗い、うがいを徹底して行いましょう。

 

 

マスク

 

 インフルエンザは空気感染する感染症です。
 呼吸する時に鼻や口からウイルスが入らない様、できるだけマスクを
 着用しましょう。

 

 

室内の保湿

 

 空気が乾燥すると、ウイルスが飛び交いやすい環境になります。
 室内の湿度を50〜60%にして、ウイルスが浮遊を防止しましょう。

 

 

室内の除菌消毒

 

 適度な湿度に調整した室内でも、ウイルスの浮遊が少ないだけで、
 床やテーブルの上には存在しています。
 臭いのない消毒剤で、除菌消毒しましょう。

 

 

 

自己の免疫を高める

 

栄養バランスの良い食事

 

 体の免疫を保つためには、バランスのとれた食事が大切です。
 特に良質のたんぱく質と、天然のビタミン類を取るようにしましょう。

 

 

良質な睡眠

 

 充分な睡眠を取り、ストレスや疲れを残さないことが、免疫を
 高めることには有効です。

 

 

予防接種を受ける

 

 あくまでその年に流行することが予想されている方のワクチンです。
 しかし、近年では改良されて、A・B両型に対応するワクチンも
 使用され始めました。
 卵アレルギーの人は接種を避けてください。

 

 

除菌・消毒には、インフルエンザウイルスだけではなく、ノロウイルスや
食中毒の原因菌にも対応できる「チャーミスト」がおすすめ!

 

 

「チャーミスト」のお求めはこちらからどうぞ!

 

 

 

トップページへ

リンク集