ノロウイルス 感染 場所

ノロウイルスから身を守る

このグラフは、平成25年から3年間の食中毒発生件数と、原因をまとめたもので、食中毒の発生は
夏よりもむしろ冬の方が多いことが解ります。
しかも年によって異なりますが、ノロウイルス感染症が発生する時期は、12月〜4月と、人が最も
活発に動く時期と重なっています。

 

食中毒発生件数

 

                                      ※出展 厚生労働省資料

 

 

食中毒原因微生物

 

                                      ※出展 厚生労働省資料

 

しかも、夏の食中毒の原因は、「細菌」が主であるのに対し、冬の食中毒の原因は、
ほとんどが「ウイルス」、中でも「ノロウイルス」であることを示しています。

 

 

ノロウイルス感染場所

 

                                      ※出展 厚生労働省資料

 

そして、ノロウイルスに感染する場所は、圧倒的に「飲食店」が多く、続いて学校や旅館
など、多く人が集まり、食事をする公共の場所が続きます。
つまり、一度患者さんが発生してしまうと、健康被害を受ける人数が多い場所です。

 

ノロウイルスの感染力は凄まじく強く、ご家族に感染者が発生した場合は、吐しゃ物の
処理を含め、看病には感染に十分注意する必要があります。

 

食中毒菌やインフルエンザウイルスは、アルコール系除菌剤でほぼ除菌できますが、
ノロウイルスはアルコール系除菌剤では効果がありません。
また、2017年の春に猛威を振るっている「ロタウイルス」も、「ノンエンベローブウイルス」で、
ノロウイルスと近い種であるため、アルコールでは除菌が困難なウイルスです。

 

ロタウイルス感染症の特徴は、下痢便の色が白くなることで、発熱も多く見られます。

 

そんなアルコールだけでは除菌できないようなウイルス全般に対する予防策として、
最適な効果を発揮するのが次亜塩素酸ナトリウムの除菌スプレー「チャーミスト」です。

 

チャーミスト全商品

 

 

▼▼▼税別¥4,000以上で送料無料!公式サイトで買う▼▼▼

公式サイトへ

 

 

ノロウイルスから体を守るための最大の防護策は「除菌」です。
しかし、アルコール系除菌剤の効果かないうえに強い感染力を持つノロウイルスは、
その防護策も限定されており、注意事項も多くなります。

 

 

トイレのココに注意

 

ご家庭内でノロウイルスに感染する危険が最も高いと思われる場所がトイレです。
ご家族に感染者が出た場合も、トイレは必ず使用するために確実な除菌が必要です。

 

また、

 

感染者のうち10%は症状が出ない

 

ため、潜在的感染者にも注意が必要です。
潜在的感染者が発症しなくても、接触した貴方は発症する可能性があります。

 

まず、感染危険度が高い場所「トイレ」を除菌して、石鹸を使った手洗いを徹底
しましょう。

 

 

トイレの除菌のポイントはココです!

 

トイレ

 

@便座の蓋

 

 トイレの利用者が必ず手を触れる場所です。
 もちろん感染した方もココに手を触れてトイレを使用します。

 

 

A便座

 

 トイレの利用者が最広くも体を密着させる部分です。
 尿などの排泄物が付着する可能性もあります。

 

 

B水洗レバー

 

 排泄後に手を洗う前に必ず触れる場所です。
 特にお尻を拭いた直後に触れる場所のため、多くのウイルスが
 付着していると思われ、最も危険な場所かも知れません。

 

 

Cトイレットペーパー

 

 水洗式の便座であっても、必ず手を触れる場所です。
 確実にウイルスは付着していますが、トイレットペーパーは
 液体で除菌できないので、カバーを除菌してリスクを
 下げましょう。

 

 

Dタオル

 

 ご家庭によっては、タンクへ注水するための水で手を洗う人のために
 タオルをかけている様です。
 水洗いだけで除菌されていない手を拭いたタオルは、ウイルスの
 巣窟です。

 

 

Eスリッパ・Fマット

 

 目に見えずに飛散した排泄物が付着しています。
 尿だけではなく、下痢となった便や、流す時の水も飛散していると
思われます。

 

 

用を足した後のトイレの流し方もノロウイルス感染防止の重要なポイントです。

 

皆さん、流すときには蓋を開けたままの方が意外と多いのです。
蓋をあけたまま流しますと、中のウイルスや菌が水と一緒に周囲に飛散し、床や壁を
汚染します。
それは、男性が立ったまま用を足す時と同じくらいの程度で周囲に飛散するので、
かなり広範囲が汚染されることになります。

 

トイレの水を流す際には、必ずふたを閉めてからにしましょう。

 

トイレふた開き

 

 

 

 乾燥したウイルスは、空気の流れで飛散する恐れがあります。

 

 

※感染者がいる場所のトイレの清掃・除菌を行う際は、
 必ずゴム手袋・マスクを着用しましょう。

 

「チャーミスト」は、除菌剤が拡散するスプレータイプなので、汚染された
可能性がある箇所に手を触れることなく、安全に広範囲を除菌できます。
また、スプレー後に拭き上げる必要もありませんので、雑巾などの新たに
汚染されたものを発生させません。

 

 

こんなところも除菌したい

 

手

 

 

何といっても皆さんの「手」です。
口に入るものが最後に触れる大切な場所です。
無味無臭、安全安心のチャーミストだからこそ、直接スプレーして除菌
できます。

 

 

 

 

玄関ドア

 

玄関ドアノブ

 

外から帰宅した時に、一番最初に触る部分です。
ウイルス感染者が触れた後、除菌していなければ、家族や訪問者が
次々と感染します。
インフルエンザなど、他のウイルスを防御する効果もあります。

 

 

 

 

スイッチ

 

壁スイッチ

 

帰宅後に、玄関と部屋のドアノブの次に、家族の誰もが手を洗わないまま
触れる可能性が高い場所です。
食中毒菌、ノロウイルス、インフルエンザウイルスの他、大腸菌などの
あらゆる菌が付着しています。

 

 

 

 

蛇口

 

蛇口

 

帰宅後、すぐに手洗い・うがいをすることは、風邪や食中毒の予防に
大切なことです。
しかし、蛇口を除菌しなければ、菌やウイルスが残っている処に手を
触れて、水を止めて、手を拭くことになります。

 

 

 

 

まな板

 

まな板・包丁

 

食中毒やノロウイルス感染症を防ぐために、必ず除菌したいのが
調理器具です。
特に生物を調理した後は、「チャーミスト」で安心除菌しましょう。
まな板の包丁傷の中まで、確実除菌です。

 

 

 

 

浴槽

 

バスタブ

 

ウイルス感染者が入浴した後は、バスタブ内にウイルスが付着して
います。
また、肺炎の原因となるレジオネラ菌や大腸菌の除菌効果も
大きく期待できます。

 

 

 

電話

 

電話機、携帯電話

 

外から帰ってきた人が電話をしたら・・・
受話器やプッシュボタンは色々な菌やウイルスでいっぱい!
中には空気感染するやつも当然潜んでいます。

 

 

 

 

リモコン

 

リモコン

 

現在では、テレビやエアコンの電源・制御から、室内照明
に至るまで、多くの家電がリモコン化されています。
帰宅してすぐにテレビやエアコンのスイッチを入れる方、
リモコンの除菌は必須です。

 

 

 

 

車内

 

車内

 

昨日、車に乗せた人がインフルエンザだった・・・
ノロウイルスに感染した家族を病院に連れて行った・・・
そんな時、狭い密室となる車内はチャーミストで確実に除菌しましょう。
また、シートなどの消臭効果もあります。

 

 

 

 

 

人は免疫力を持っており、日常身の回りにいる微生物に対しては抵抗力を持っています。
あまり過敏に抗菌などにこだわると、却って清潔すぎて体の抵抗力を弱めます。

 

しかし、インフルエンザやノロウイルスなど、短期間で変異し、急激な症状の悪化や
生命の危機をもたらす微生物については、手洗いや除菌などを行い、厳重に警戒しましょう。

 

 

 

▼▼▼税別¥4,000以上で送料無料!公式サイトで買う▼▼▼

公式サイトへ

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

ノロウイルスに感染したかも?
ノロウイルスを始めとする細菌やウイルスに感染して発症する食中毒の症状にはどんなものがあるのでしょうか?食中毒を疑われるのはこんな症状です。
ノロウイルス感染症が発症したら
ノロウイルス感染症が発症したら、正しく処置をしなければ感染が拡大する一方です。 慌てず落ち着いて行動できるよう、正しい対処方法を 身につけましょう。
ノロウイルス感染症の治療
ノロウイルスの感染拡大防止処置が終わったら、次は感染者の治療です。 とは言っても特効薬があるわけではありません。 正しく治療して一刻も早い回復に努めましょう。 その間にも、新たな感染者を出さないようにすることが大切です。
ノロウイルスは進化する
ウイルスは驚異的なスピードで進化します。 去年のウイルスと今年のウイルスは別物と言っても 過言ではありません。 中でも未だにワクチンができていないノロウイルスの 進化についてお話しします。
ノロウイルスの最新情報
ノロウイルス感染などの最新情報をお届けします。 皆さんがお住まいの地域に感染者が出た場合は、チャーミストで身の周りの除菌を徹底しましょう。