ノロウイルス 治療

ノロウイルス感染症の治療

ノロウイルス感染症には、症状を急速に緩和したり、治癒させるための
効果的な薬や治療法は、現在のところありません。
体力を維持し、拡散を防止しつつ、自然治癒を待つしかないのです。

 

治療法は、下痢症一般あるいはロタウイルス下痢症に準じます。

 

体力を落とさないために食事は必要ですが、経口摂食が可能であれば、1回あたりを少量で回数を多くした消化の良い
食事をします。水分補給は最も大切で、ご家庭ではスポーツドリンクを2倍程度に希釈したものを飲ませるほか、脱水
が酷ければ経口補水を行うこともあります。経口補水液はドラッグストア、薬局、スーパーマーケットで購入できます。
予め確認しておきましょう。

 

経口で摂食が不可能な場合、あるいはその危険性がある場合は、医療機関で点滴を行いますが、出かける前に、ノロウ
イルスの可能性がある旨連絡を入れ、医療機関の指示に従いましょう。それを怠ると、同じ医療機関で診療を受けている
他の患者さんに感染させてしまう危険性が高くなります。また点滴には長時間を要しますので、できるだけ早い時刻に診
察を受けるようにしましょう

 

ウイルスを一刻も早く体外へ排出させるため、止痢薬は原則として使用しませんが、乳酸菌を用いた製剤を使用し、善
玉菌を殖やす処置は有効です。また、乳酸菌やビフィズス菌の餌となるオリゴ糖などを含む食品を摂取することも効果的
です。なお、ワクチンは開発途上にあり、未だ実用化されていません。
事前の除菌で感染を防止することが重要です。

 

しかし、不幸にして感染し、症状を示す場合は、トイレ使用後などでの石鹸、流水を使った手洗いが必要で、吐しゃ物
を処理した後は、クレゾール液などを用いて吐しゃ物があった場所を中心に、飛散している可能性がある場所を広範囲
に、また、手指を厳重に除菌する必要がありますが、これには強烈な刺激臭があります。また、患者さんが触れたドア
ノブやトイレのスイッチなども除菌が必要です。

 

さらに、春から秋にかけては、従来の食中毒を引き起こすサルモネラ菌やブドウ球菌が繁殖する季節です。また、O157
といった、感染から数年を経て人の命を奪う、恐ろしい食中毒の原因菌も存在します。

 

キッチン

 

 

今や、広い意味での「食中毒」には、1年を通して気を付ける必要性が出てきました。

 

そこで、安心の除菌剤が「チャーミスト」です。

 

 

▼▼▼税別¥4,000以上で送料無料!公式サイトで買う▼▼▼

公式サイトへ

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

ノロウイルス感染から自分を守る
ノロウイルスの感染に気をつけなければならない場所はたくさんあります。皆さんの身近なところに潜む感染源について、予防策を考えて見ましょう。
ノロウイルスに感染したかも?
ノロウイルスを始めとする細菌やウイルスに感染して発症する食中毒の症状にはどんなものがあるのでしょうか?食中毒を疑われるのはこんな症状です。
ノロウイルス感染症が発症したら
ノロウイルス感染症が発症したら、正しく処置をしなければ感染が拡大する一方です。 慌てず落ち着いて行動できるよう、正しい対処方法を 身につけましょう。
ノロウイルスは進化する
ウイルスは驚異的なスピードで進化します。 去年のウイルスと今年のウイルスは別物と言っても 過言ではありません。 中でも未だにワクチンができていないノロウイルスの 進化についてお話しします。
ノロウイルスの最新情報
ノロウイルス感染などの最新情報をお届けします。 皆さんがお住まいの地域に感染者が出た場合は、チャーミストで身の周りの除菌を徹底しましょう。