ノロウイルス 発症 処置

発症したらこうする!

先ずは落ち着くことです。

 

落ち着いたら次の行動に移りましょう。

 

周囲の確認

 

 原因となる食材、あるいは周囲に同じ症状を示す人がいるかどうかを確かめます。
 いる場合は、医師などを通して保健所に報告します。
 職場の場合は、担当部署に連絡し、子供の場合は学校や幼稚園、保育園にも連絡します。

 

 

医療機関の受診

 

 下痢が数回みられたり、あるいはけいれんなど他の症状が見られたら医師の診断を受けます。
 お子様は小児科専門医のいる医療機関を受診することが望まれます。

 

 

防護体制の確立

 

 感染拡大を防護する体制を確立します。
 患者さんの他人への接触を防ぎ、除菌体制を取りましょう。
 また、手袋などの防護用品も準備しましょう。

 

 

嘔吐時の処理方法 クリック
                                            ※出展:You Tube

 

「チャーミスト」なら、この動画のように自分で除菌液を作る手間が省けるとともに、
強烈な塩素臭を放つこともありません。

 

 

一般のご家庭でも患者さんが出るとたいへんなことになりますが、病気の特性上、
幼稚園・保育園や学校・職場での集団感染の可能性もあります。
また、飲食店から発生した場合には営業にたいへんなダメージを受けることになります。

 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

ノロウイルス感染から自分を守る
ノロウイルスの感染に気をつけなければならない場所はたくさんあります。皆さんの身近なところに潜む感染源について、予防策を考えて見ましょう。
ノロウイルスに感染したかも?
ノロウイルスを始めとする細菌やウイルスに感染して発症する食中毒の症状にはどんなものがあるのでしょうか?食中毒を疑われるのはこんな症状です。
ノロウイルス感染症の治療
ノロウイルスの感染拡大防止処置が終わったら、次は感染者の治療です。 とは言っても特効薬があるわけではありません。 正しく治療して一刻も早い回復に努めましょう。 その間にも、新たな感染者を出さないようにすることが大切です。
ノロウイルスは進化する
ウイルスは驚異的なスピードで進化します。 去年のウイルスと今年のウイルスは別物と言っても 過言ではありません。 中でも未だにワクチンができていないノロウイルスの 進化についてお話しします。
ノロウイルスの最新情報
ノロウイルス感染などの最新情報をお届けします。 皆さんがお住まいの地域に感染者が出た場合は、チャーミストで身の周りの除菌を徹底しましょう。