人食いバクテリア 劇症型溶血性レンサ球菌 対策

人食いバクテリア対策にも次亜塩素酸ナトリウム

人食いバクテリアの恐怖

 

人食いバクテリアと呼ばれる、「劇症型溶血性レンサ球菌」に感染し、発症した患者さんが
今年は全国で493人となり、過去最多となりました。

 

増加傾向

 

 

レンサ球菌

 

「溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではなく、人の皮膚や咽頭に存在する
菌ですが、それが血液や筋肉、肺などに感染して劇症化した時に、急激に
症状が進行して重篤な状態となり、その致死率は30%にものぼります。

 

 

 

 

 

症 状

 

壊死

 

手足の筋肉が急激に壊死したり、多臓器不全となることがあり、全身が
腫れ上がったり、高熱にうなされたりします。

 

 

 

 

 

 

原 因

 

通常は子供の咽頭部や皮膚にいて、炎症を起こす原因となる「溶血性レンサ球菌」が、
普段は感染しない所に感染して劇症化するものですが、劇症化の原因は分かっていません。
小さな傷や水ぶくれなどから筋肉や血液に感染すると考えられています。

 

 

治療法

 

現在は主にペニシリンが用いられていますが、菌を相手に抗生物質を用いていると、耐性が
できてしまうことから、また新たな腸療法が必要となります。

 

 

予防法

 

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の多くは、足から発症しています。
足は手に比べて靴や靴下で蒸れやすい状態にあり、さらに手ほど多頻度に洗うことがない
ため、菌が増殖しやすい環境にあります。

 

そんな中、新しい靴を履いた時や長い距離を歩いたりしたときには、靴擦れや豆、ウオノメが
出来たりして、傷つきやすい環境にあります。

 

かつて、劇症型溶血性レンサ球菌感染症で苦しんだ人は、小さな水ぶくれができたため、
アルコールで消毒していたにも関わらず人食いバクテリアに感染し、発症したと体験談を書いて
いました。

 

0.01%濃度の次亜塩素酸ナトリウムは、劇症型溶血性レンサ球菌を短時間で不活化する
効果があります。

 

1日1回は靴の中を次亜塩素酸ナトリウムで除菌し、劇症型溶血性レンサ球菌感染症の
リスクを減らしましょう。

 

 

▼▼▼税別¥4,000以上で送料無料!公式サイトで買う▼▼▼

公式サイトへ

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集