季節 感染症

季節の感染症

季節の感染症

 

日本にはそれぞれ環境が大きく異なる四季があり、それぞれの気候によって異なる感染症が存在します。その原因となる
ウイルスや細菌は、環境や薬剤の影響で突然変異をおこし易く、感染すると治療が困難となったり、長く後遺症が続く病
気もあります。その様な感染症は、罹患する前に予防することが最も大切なことですが、目に見えない相手であると同時
に、人間よりはるかに早いペースで進化しています。

 

日本の四季の中で流行する感染症は、昨年の同じ時期に流行した感染症とは原因の細菌やウイルスが変異によって変わっ
ている場合があり、免疫が効かないこともあります。また、感染症によっては春から秋、秋から春と、感染期間が長いも
のもあります。その様な季節ごとの感染症には、出来るだけ原因を変異させない対策が必要で、その最も効果的な手段が
「除菌」や「消毒」という行為です。

 

電車

 

また、感染症の種類や感染防止法を知り、対策を講じることで家族や身の回りの人の健康だけではなく、皆さんがお住ま
いの地域はもちろん、人が高速で広範囲に移動する時代には、明日、1000km離れた場所にいる人への感染を防ぐことも
必要です。新幹線や飛行機での移動は、詳細な足取りが追いやすいのですが、空港やターミナル駅から地下鉄やバスなど
の交通機関に乗り換えられると、その追跡はほぼ不可能となり、感染者拡大の一因となります。

 

そんな細菌やウイルスに対抗する除菌剤も、一部のウイルスには効果が薄いもの、毒性があるもの、刺激臭があるものな
ど、一般家庭では取り扱いが難しいものがあり、また、効果の高い薬剤は、一般のホームセンターやドラッグストアなど
の量販店では入手が難しいこともあります。しかし、チャーミストは季節を問わないすべての感染症を予防するために、
安全で使いやすく、高い効果を発揮する除菌消臭剤として、医療機関や学校、飲食店など広い分野で使用されています。

 

こちらでは、ノロウイルス感染症やインフルエンザとは違う、季節ごとの感染症を紹介します。除菌によって、日常生活
の中に潜むこれらの感染症から健康な身体を守りましょう。

 

季節の感染症

 

この図は、それぞれの感染症のピークを示したもので、2018年から2019年は、秋から春にかけて麻疹が大流行しており、
また、インフルエンザもA型とB型が同時に流行し、患者さんが2度罹患しています。この時期を中心に、前後の時期は
感染のリスクが高いと言えるでしょう。

リンク集

季節の感染症記事一覧

チャーミストで防ぎたい、アルコール消毒が効かない夏の感染症はこちら手足口病6月〜8月に流行し、7月にピークを迎える、夏の感染症です。エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの他、原因となるウイルスは10種類以上ありますが、この2つは「ノンエンベロープウイルス」に分類され、アルコール消毒剤や熱に強いのが特徴です。特効薬はないため、かからないように予防することが重要です。ヘルパンギーナ喉の奥に口内炎がで...

チャーミストで防ぎたい、アルコール消毒が効かない秋の感染症はこちらレプトスピラ症レプトスピラ菌によって発症する感染症で、230種類もの血清型が存在するうち、黄疸出血性レプトスピラ症は、土壌や水を介して人の皮膚より菌が侵入することによって発症します。初期は、発熱や頭痛、悪寒などの風邪に似た症状ですが、進行すると筋痛、結膜充血、出血、黄疸などが出始め、腎不全に至り、中でもワイル病と言われる重症型の場合...