季節 感染症

季節の感染症

季節の感染症

 

日本には四季があり、それぞれの気候によって異なる感染症が存在します。
その原因となるウイルスや細菌は、環境や薬剤の影響で突然変異をおこし
易く、感染すると治療が困難となる病気もあります。

 

その様な感染症は、罹患する前に予防することが最も大切なことです。

 

中にはO157やノロウイルスなど、感染して発症すると、重篤な状態に陥ったり、
命を奪うウイルスや細菌が存在します。

 

それに対抗する除菌剤も、一部のウイルスには効果が薄いもの、毒性が
あったりキツイ臭いがあったりと、一般家庭では使いにくいものもあります。

 

そんな中で、チャーミストは季節を問わないすべての感染症を予防するために、
安全で使いやすく、高い効果を発揮する除菌剤として、広い分野で使用
されています。

リンク集

季節の感染症記事一覧

チャーミストで防ぎたい、夏の感染症はこちら手足口病6月〜8月に流行し、7月にピークを迎える、夏の感染症です。エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの他、原因となるウイルスは10種類以上ありますが、この2つは「ノンエンベロープウイルス」に分類され、アルコール消毒剤や熱に強いのが特徴です。特効薬はないため、かからないように予防することが重要です。ヘルパンギーナ喉の奥に口内炎ができて、高熱が長く続きます...

チャーミストで防ぎたい、秋の感染症はこちらレプトスピラ症レプトスピラ菌によって発症する感染症で、230種類もの血清型が存在するうち、黄疸出血性レプトスピラ症は、土壌や水を介して人の皮膚より菌が侵入することによって発症します。初期は、発熱や頭痛、悪寒などの風邪に似た症状ですが、進行すると筋痛、結膜充血、出血、黄疸などが出始め、腎不全に至り、中でもワイル病と言われる重症型の場合、致死率は5〜40%と比...