夏 感染症

恐い夏の感染症

チャーミストで防ぎたい、夏の感染症はこちら

 

手足口病

 

手足口病

 

6月〜8月に流行し、7月にピークを迎える、夏の感染症です。
エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの他、原因となるウイルスは
10種類以上ありますが、この2つは「ノンエンベロープウイルス」
に分類され、アルコール消毒剤や熱に強いのが特徴です。
特効薬はないため、かからないように予防することが重要です。

 

 

 

 

 

ヘルパンギーナ

 

ヘルパンギーナ

 

喉の奥に口内炎ができて、高熱が長く続きます。
手足口病と同じく、コクサッキーA群が最も多い原因と言われ
ています。
ワクチンもなく、アルコール系は効果が薄いのが特徴です。

 

 

 

 

 

ドクター

 

このほかに、リンゴ病や風疹なども、主に夏に流行する感染症ですが、これらはノロウイルスと異なり、
エンベロープウイルスのため、アルコール系除菌剤による除菌、消毒も有効です。


 

 

 

トップページへ

リンク集

関連ページ

秋の感染症
秋の感染症の中には、夏からしばらく引っ張るものの他に、天候の大きな変化によるものがあります。 場合によっては重篤化しますので、日ごろの衛生管理は必須です。