チャーミスト 使い方

より効果的な使い方

チャーミストは、詰め替え用と業務用を除いて、スプレーボトルになっています。
そのまま除菌、消臭対象物に向けて、スプレーしてください。
また、携帯用もありますので、バッグの中に入れて簡単に持ち運びができ、
外出先でも安心して使用することができます。

 

チャーミストの使い方

 

                                   出展:You tube

 

 

チャーミストの使用期限

 

どんなに優れた機能をもつ商品でも、古くなれば機能が低下したり無くなったりします。
では、チャーミストが除菌消臭に効果を発揮する期間はどの位でしょうか?

 

第三者機関の検証では製造後1年間となっていますが、メーカーでは製造後2年間は効果が
失われないとしています。

 

しかし、商品の性質上、自分の使用状況に合せたサイズのものを選び、できるだけ短期間で
使い切るようにすることをおすすめします。

 

 

こんな使い方も

 

チャーミストで消臭するということは、無臭かまたはそれに近い状態にするということです。
なので、微香を好む方にはこの様な使い方をおすすめします。

 

一度チャーミストで消臭をした後に、お好みの香りの芳香剤などを使用すると、
他の匂いと混ざらない、良い香りが蘇ります。
クローゼットの中にもチャーミストした後に、ポプリなどを入れておくと、さらに効果的です。

チャーミストの安全

チャーミストは除菌・消臭剤ですが、人体に危険な成分は含まれていないのでしょうか?
また、使用する際の注意事項はどの様なことでしょうか?

 

チャーミストの成分

 

チャーミストの成分は次亜塩素酸ナトリウムと純水です。
次亜塩素酸ナトリウムは、強力な除菌効果を持つ成分ですが、塩素系商品特有の強烈な臭いを発し、
また、酸性タイプの洗剤などと混ぜると、塩素ガスが発生するため、大変危険です。

 

 

靴消毒デモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャーミストの安全性

 

では、チャーミストは他の次亜塩素酸ナトリウム系の除菌消臭剤と同じように、危険が潜んでいるのでしょうか?

 

チャーミストの次亜塩素酸濃度は100ppm(0.01%)なのです。
この濃度では、万が一目や口に入っても、肌に触れても安全なので、直接手指に吹き付けての除菌も可能です。
もちろん危険なガスの発生も無く、除菌・消臭には十分高い効果を発揮するので、安心して使うことができます。

 

また、消臭のために衣類に吹き付けても脱色しにくい性質のため、こちらも安心です。

 

漂白

 

安全性

 

 

 

 

 

 

トップページへ

リンク集